移植腎を長持ちさせるために

移植腎を長持ちさせるためには以下の4つが特に重要です。

  1. しっかり服薬:決められた時間に決められた量をしっかりと飲むようにしましょう。薬の服用
  2. 腎移植フォローセンターには移植医療に詳しい薬剤師が常駐しています。薬の飲み方や、食事や他の薬との関係など、気軽にご相談ください。
    ※お電話でのご相談は、13:00~16:30 の間に受け付けております。お電話の際は診察券番号と氏名をお聞かせ下さい。

    剤形写真、副作用、生活上の注意点等をご確認いただけます。

    MediPress腎移植 くすり辞典へリンクします


  3. 定期通院定期通院:定期的に腎移植フォローセンターに通院して、体の状態をしっかりと確認し、異常があれば早めに対応しましょう。
  4. 腎移植フォローセンターでは、定期通院時に以下の検査を行います。
    • 血液検査(白血球/赤血球/血小板の精査、腎機能、肝機能、炎症反応、免疫抑制剤の血中濃度、サイトメガロウイルスほか)
    • 尿検査(蓄尿検査もあり)
    • 移植腎エコー(超音波検査):年に1~2回

  5. ウォーキング食事 生活習慣病予防:肥満や高血圧に気を付けましょう。
  6.  特に体重の管理に注意して肥満にならないようにすることが必要です。
     肥満は移植後に限らず非常によくありません。肥満は腎機能の悪化をもたらしますし、高血圧、糖尿病などの強い誘因となります。肥満とならないように食事、運動には厳重に注意しましょう。実は、腎移植後に患者さん自身ができる健康管理はそう多くはないのですが、この「肥満を防ぐ」ということが一番重要なポイントと言って差し支えないでしょう。


  7. がん検診 がん検診:移植後5年経過または40歳以上の方はできるだけ検診を受けましょう。
  8.  腎移植後の発がんは多いと考えられていますが、実は透析患者さんと比較すると必ずしも多いわけではありません。しかし、一般の健常者に比べるとがんの発生頻度はやや多くなっているのは確かです。
     私たちは、40歳以上の方、腎移植後5年以上経過した場合などにはできるだけ検診を受けることをお勧めしています。腎移植外来は腎機能を診ていますが、がん検診をしているわけではありません。上記の条件になる人は必ず検診を受けてください。通常の人間ドック、脳ドックなどがよいでしょう。


腎移植メール相談 腎移植相談外来 臨床研究について
移植腎を長持ちさせるために
腎移植大事典

外来時間

開扉時間
午前8:00
受付開始時間
自動受付 午前8:00
窓口受付 午前8:30
採血開始時間
午前診察の方 午前8:30
午後診察の方 午前9:30

※全ての曜日が対象です。
(休診日 毎週木曜・日曜・祝日)

交通案内・アクセス

住所
〒162-0055
東京都新宿区余丁町6-21
クレスト21ビル2F
TEL
03-5312-2059
FAX
03-5312-2007